カタログ請求

住宅の断熱性能と気密性能とは?快適な家を作るために必要なこと

  快適性

家をつくる際に考えておきたいポイントのひとつに「断熱性能・気密性能」がありますが、そもそもなんのために必要なのか考えてみたいと思います。

断熱と機密の目的とは

断熱・気密の目的は快適で省エネな住まい、人と環境に対して負荷の少ない住まいを実現することです。つまり、冬も夏も一年中快適に過ごせ、日々のエネルギーが最小限にでき、長もちする住まいをつくるのが目的です。

断熱と気密はそれぞれが密接な関係にあります。断熱の目的は冬なら家の中であたためた熱を外に逃さないこと、夏なら暑さが入らないようにすることです。気密の目的は大きく分けて3つあり、

  • ①隙間風の減少
  • ②壁内気流の防止
  • ③壁内結露の防止

です。近年の在来木造住宅は、石膏ボードや構造用面材の使用などにより、特別な技術を用いなくてもある程度、気密化ができるようになっています。しかし、壁内気流の防止を確実に行わないと、断熱性は大幅に低下します。気密性能で大切なことは、C値(隙間相当面積)であらわされる数値だけにとらわれずに①~③の対策を講じることが大切なのです。

熱伝導率の低い断熱素材を隙間なく施工し、気密性を保つことが「冬あたたかく、夏涼しい」住宅を実現することになります。

人気の建築会社のカタログをお届け
人気のハウスメーカーさん、工務店さんのカタログを請求したい方はこちらへ。資料は無料でお送りしています。また各会社の詳しい情報を見ることもできます。