カタログ請求

地震に強い家(新築)を建てるなら構造はどのようにしたほうが良い?

更新 2019.11.07   建築

新築のお住まいをプラン中のM様が、すまポ相談室に耐震について相談に来たようです。


先生、吹き抜けがあると構造が不安定になりやすいって聞いたことがあるのですが、建築会社は構造計算していますよね?
うーん。結論からいうと、木造2階建ての家の場合、構造計算やらなくても確認申請が通っちゃうんですよ
えー、どうしたらいいでしょう?
『許容応力度計算』をやってほしいと建築会社にお願いしたらいいと思います。その中でもとくに重要なことは、外力(地震や風圧等)が作用した際に生じる応力を計算するという項目です
応力?
この図を見てください。耐力壁の配置は、建物の重さの中心である『重心』と、強さの中心である『剛心』(耐力壁の配置バランス)の位置に大きくかかわっています。重心は、基本的に家の形で決まるもので、真四角の家ならば対角線の交差する点に当たります。それに対して、壁の強さのバランスの中心にあるのが剛心です。地震が起こると、家は剛心を支点にして、振り子のように揺れます。つまり、重心と剛心は、近ければ地震の時には振れ幅の小さい『強い家』、離れれば振れ幅の大きい『弱い家』となるのです
なるほど。『許容応力度計算』でチェックしてもらえば安心ですね
ただ、木そのものの強さも重要なんです。自然の木材ってヒノキの柱1本取っても強度が違うんですよ。木の強度は統計値(実際の木の平均値)を使っているのですが、平均値以上の強い木を使っているかどうかは建築会社によるわけで……
えー、許容応力度計算だけでは信用できないということですか?
木造住宅の場合は、柱梁を強度数値の明確な集成材を使って仕口(柱と梁のジョイント部)を認定メタルジョイントの構造にしてもらえば、鉄骨造と同じようにシビアな構造計算が可能です。または、柱や梁1本ずつの強度測定値を添付するような建築会社を選ぶしかないと思いますね
うーん、むずかしそうですね
構造計算も第三者でよければ推薦しますし、建築会社選びもすまいポート21の窓口に来ていただけたら一緒に考えますよ!

一級建築士 水上 幸平
1954年1月生まれ。大手ハウスメーカーで一般住宅をはじめ医療施設や社会福祉施設などの特殊建築を担当。現在はすまいポート21宇都宮のプロデューサーとして活躍

人気の建築会社のカタログをお届け
人気のハウスメーカーさん、工務店さんのカタログを請求したい方はこちらへ。資料は無料でお送りしています。また各会社の詳しい情報を見ることもできます。